04 6月 2020

コオロギレシピグランプリ についてはこちら

 

「昆虫ってどこで買えるの?」

「興味あるけど高いよね…」

「自分で作る料理に使ってみたい」

 

会社設立から1年、そんな声をたくさん聞きました。

TVや雑誌、新聞で昆虫食が取り上げられるようになったと言っても、肉や、魚のようにスーパーに並んでいる食品でもないし、当然安い商品でもありません。

しかし、タンパク質が不足する未来はどんどん近づいていて、少しでも早く昆虫由来の食品を普及していく必要があると考えています。

 

それで今回企画したのがこのキャンペーンです。

 

その名も

「コオロギレシピグランプリ おうち時間でプラスミライ 」

 

次世代のタンパク、「コオロギパウダー」をより手に取ってもらい、身近に感じてもらうことで、これからの昆虫食市場を盛り上げていきたいという思いで企画しました。

なかなか手に入りづらいコオロギパウダーですが、今回は協賛各社のご協力もあり、無料で100g提供いたします。 

 

そのパウダーを使って、自分の手で料理をしてもらうことによって、よりこの食品に興味を持っていただけたら嬉しいです。

さらにその感想を皆さんから発信してもらうことによって、昆虫の食用利用の社会理解を深めていただきたいと思っています。

 

 

さらに、その作ったレシピをSNSで発信、応募で豪華協賛品があたります! 

グランプリはなんと…「タイのコオロギ農家視察ツアー」がもらえます。

豪華賞品を目指して、未来の料理を作ってみませんか??

 

ご応募お待ちしております。

応募は下のリンクから!!

詳しくはこちらのキャンペーンサイトをご覧ください。

パウダー応募締め切り :先着500人まで
レシピ応募期間: 7/31まで(締め切りました)
当選者発表 :8月下旬より順次 

 

13 1月 2020

よくあるご質問

 

そもそも昆虫の食用利用って・・・?

昆虫は次世代のタンパク源として注目されています。
食料危機に備えて、国連やアメリカ、EUなどが昆虫食を推進しています。
環境に優しく生産でき、持続可能な未来のタンパク源です。

 

なんで食料危機だと昆虫食べないといけないの?

現在のタンパク源である「畜産」は非常に環境負荷をかけています。
牛肉1kgの生産に20kgもの餌、
22000L(風呂100杯分)が必要という国連のデータがあります。
加えて生産の際に発生する温室効果ガスの排出量は、
地球全体の二酸化炭素の排出量の18%を占めています。
 
一方、コオロギは1.5~3kgほどの餌から1kg生産でき、
非常に効率よく生産することができます。
このことから、次世代のタンパク質として注目されています。

 

なんでイナゴじゃなくて、コオロギなの?

生産方法が確立しているのがコオロギだからです。
イナゴは日本で伝統的に食べられてきましたが、
養殖が難しいという問題があります。
一方、コオロギは高過密で養殖でき、非常に効率よく生産できます。

野生の昆虫は安定的に生産できなないことや、
安全性の確保が難しいことから、養殖されたコオロギを使っています。

 

コオロギはどこから採ってくるの?!

私たちが使用しているコオロギパウダーは、タイから輸入しています。
タイではコオロギの養殖が盛んに行われています。
養殖されたコオロギはアメリカやヨーロッパに輸出されます。

食用に育てるために、飼育ゲージの中で、
餌は鶏に与えている配合飼料(トウモロコシや大豆など)
を細かくすりつぶしたものを与えています。

 

なんで国内産のコオロギを使わないの?

あえて私たちはタイ産にこだわっています。
その理由はこちら・・・

 

食べて安全なの?

コオロギはイナゴの仲間で食用に適しています。

安全性の確保のため、コオロギパウダーはGMPやGAPといった
食品の安全規格を取得した工場で加工しています。

23 12月 2019
Sugata

[売り切れ] コオロギのビスコッティ

  • クリケット(食用コオロギ)配合のビスコッティ(イタリアの伝統的なクッキー)を美味しく焼き上げました。
  • クリケットは、高タンパク、高ビタミン、高ミネラル、そして低カロリー!生産過程でワクチンや抗生物質などの化学物質を一切使わない、今世界が注目するミライのスーパーフードです。
  • 一度食べたら、あなたの昆虫食へのイメージはガラッと変わるはずです!

  

Sugata 

<価格>

  • コオロギのビスコッティ 「釆(スガタ)」 3枚入り 600円(消費税別)
  • コオロギのビスコッティ 「和(ヤワラカ)」 3枚入り 600円(消費税別)
  • コオロギのビスコッティ 「アソート」 3枚入り 600円(消費税別)

   

<内容>

  • ローストしたクリケットをトッピングした「采(スガタ)」 3枚1セット
  • 生地にクリケットパウダーを5%配合した「和(ヤワラカ)5%」 3枚1セット
  • 「和(ヤワラカ)5%」を2枚、「采(スガタ)」を1枚ミックスしたアソート

の3種類がございます。

  • 素材の美味しさをそのまま実感できる商品です。

[在庫なし]

申し訳ありませんがこちらの商品のネット販売は売り切れとなりました。

限定生産につき、今の所再入荷の予定はございません。

お取り扱いいただいているショップ様にはまだ在庫がありますのでそちらでお買い求めいただけます。

Sugata

Sugata Sugata

23 12月 2019

2030年のゴーフレット

クリケット(食用コオロギ)パウダー配合の生地を美味しく焼き上げ、味わい豊かなクリームをサンドしたオリジナルのゴーフレットです。

クリケットは、高タンパク高ビタミン高ミネラル、そして低カロリー

生産過程でワクチンや抗生物質などの化学物質を一切使わない、今世界が注目するミライのスーパーフードです。

クリームの味は、チョコ味とミルク味の2種類です。

一度食べたら、あなたの昆虫食へのイメージはガラッと変わるはずです!

 

<価格>

チョコ味 3枚入り  650円(消費税込)

ミルク味 3枚入り 650円(消費税込)

アソート(チョコ味4枚、ミルク味4枚) 8枚入り1520円(消費税込)

 

 

<内容>

「チョコ味」を3枚、もしくは「ミルク味」を3枚のセットになります。

アソート (チョコ味4枚、ミルク味4枚) 8枚入りもございます。

ゴーフレットの生地に5%「クリケット(コオロギ)パウダー」を配合しています。

1袋にコオロギ10匹分配合しています。

 

昆虫由来の食べ物は初めて!という方におススメです。  

※事業者様向けに、業務用販売も行っております。
ご商談、お問い合わせはお問合せページよりお気軽にご連絡ください。

07 12月 2019

昆虫食と地域づくりの関係性?!

  • 私たちの研究室と昆虫食??

FUTURENAUTは高崎経済大学の飯島研究室から立ち上がった大学発ベンチャーです。

「農学部でもないのになぜ・・・?」

「地域づくりと昆虫食の関係性は?」

そう思うかもしれません。

まず私たちの研究室の活動から説明します。

 

  • 飯島研究室はなにをやっているの??

多様化、広域化、世代を超える課題である「環境問題」を解決するため、

環境科学・社会科学の観点から科学的に解明し問題解決の糸口を見出すことを目的としています。

データサイエンスを使った環境教育、環境に対する心理分析に加え、

実際のフィールドで調査を行う水生生物の分布調査、大気汚染・水質汚染の調査などを中心に行っています。

 

身近な環境問題である「食料問題」の解決する方法も同じく探っています。

そこで私たちが注目したのは「昆虫の食用利用」です。

 

 

  • 地域づくりとの関係性は…??

私たちは、タイの東北地方からコオロギのパウダーを調達しています。

「なんで国内で生産しないの?」

と、よく言われますが、あえてタイの農村地域から調達することにこだわっています。

 

その理由は、コオロギの養殖農業が、タイの貧しい農村部に灯りはじめた「未来の光」だからです。

タイの農村部では若者の都市への流出により高齢化が進み、地域の衰退が問題になっています。

コオロギの養殖業は、タイの農村地域を豊かにする「未来の新しい農業」としての可能性を秘めています。

老若男女問わず飼育することができ、農家の副業・副収入として、コオロギの養殖農業が期待されています。

この未来の農業が活性化することはまさに「地域づくり」です。

 

  • 地産地消に変わる概念 適産適消」

そして私たちがその地域のコオロギを利用することで、未来の食料問題のリスクを低減しつつ、

貧しい地域の発展に貢献できるwin-winの構図になると確信しています。

まさにSDGsの誓いである「leave no one behind」へのコミットといえます。

 

日本では、「地産地消」という食の概念が美化されています。

しかし、食料自給率の低いわが国においてそれを完全に実現することは不可能です。

また、自分の地域だけ、日本だけという狭い視野で食の流通を閉じるべきではないと考えています。

環境問題や食料問題に国境はありません。

適地適作」「適産適消」していくことが本当の意味での最適化ではないでしょうか。

 

  • 私たちが目指す「未来食」

私たちは昆虫食をミライの食料、「未来食」と位置付けています。

そんな未来食をみなさまに「安全に、美味しく」食べていただけるよう研究、開発、製造を行って行きます。

見た目にもこだわり、抵抗感なく食べていただける商品を展開して行きます。

04 12月 2019

コオロギのゴーフレット

ゴーフレット1枚に、約10匹分のコオロギパウダーを配合 コオロギのゴーフレット 美味しさと楽しみ広がる
おなじみの2種類のフレーバー
噛むほどにうま味が広がるサクサク感の生地のひみつ 群馬の銘菓『磯部煎餅』の老舗『田村製菓』さまにご協力いただき、全く新しいゴーフレットが完成しました。実は、磯部煎餅は温泉記号『♨︎』発祥の地。炭酸ガスが豊富な鉱泉を使用して焼き上げた田村製菓の磯部煎餅は、口の中でとろけるようなソフトな口当たりとミネラルの香りが特徴的です。この伝統の味にコオロギ由来の風味や炒ったナッツのような香りと軽やかなうま味が融合し、新食感のゴーフレット生地が誕生しました。
コオロギのゴーフレット ミルク
ココナッツを隠し味に隠し味に加えた爽やかなミルククリームをサンドしました。コクのある生地とミルククリームの相性は抜群です。コオロギのゴーフレット チョコ カカオの香ばしさが活きた濃厚なチョコクリームをサンドしました。香ばしいサクサクの生地とチョコクリームのハーモニーを楽しめるティータイムにぴったりのお菓子です。

 

 

<価格>

  • ココナッツ味 3枚入り  650円(消費税込)
  • チョコレート味 3枚入り 650円(消費税込)
  • アソート(ココナッツ味4枚、チョコレート味4枚) 8枚入り1520円(消費税込)

 

※事業者様向けに、業務用販売も行っております。
ご商談、お問い合わせはお問合せページよりお気軽にご連絡ください。

19 11月 2019

日本経済新聞に取り上げてもらいました

こんにちは。櫻井です。

12月の新商品発売に向けて現在パッケージ作成中です。

発売日や販売場所などの情報はtwitterFacebookでも情報発信していきますのでチェックしてみてください。

 

さて先日、日本経済新聞に取り上げてもらいました。

ありがたいことに最近はいろいろなメディアで取り上げていただいています。

日本経済新聞「昆虫食普及へ学生らが商品開発」

 

10/30 日本経済新聞 地方経済面 北関東
21 10月 2019

ぐんま経済新聞に取り上げてもらいました

こんにちは。

櫻井です。

この土日はビエント高崎で開かれたイベントにコオロギのビスコッティを持って参加してきました。

直接お客様の反応を聞けて今後の展開に非常に参考になりました。

 

さて先日「ぐんま経済新聞」さまに取り上げてもらいました。

「高崎経済大学発ベンチャー」ということで大学の研究成果をもとに商品の開発・販売をしていきたいと思います。

現在販売中の「コオロギのビスコッティ」ですが、最初の商品名は「六脚類のビスコッティ」でした。

ですが、研究成果の中で「昆虫由来」を推した方が消費者に効果があることがわかり現在の名前に変えました。

このように研究成果をダイレクトに商品に反映することができるのが大学発の強みですね。