FUTURENAUT meets Pasco・・・コラボ製品、ついに発売!!

FUTURENAUTは敷島製パン株式会社(Pasco)と業務提携を結び、食用コオロギパウダーを使ったコラボ製品『Korogi Café』シリーズを発売することになりました!

コラボ第1弾は『コオロギのフィナンシェ』と『コオロギのバゲット』

≪コオロギのフィナンシェ≫

あなたはどっち派?コオロギパウダー配合の未来のフィナンシェを食べ比べてみませんか?

≪コオロギのフィナンシェ≫
しっとりとした生地とバターの芳醇な香りが特徴のフィナンシェに、FUTURENAUTのコオロギパウダーが融合!! コオロギの風味をはっきりと感じていただくために、配合量の異なる2種類の食べ比べセットをご用意しました。コオロギのフィナンシェで、未来のティータイムを先取りしてみませんか?

■ 1箱6個入(コオロギ10匹入3個、30匹入3個)/2,160円(税込・送料別)★100箱限定発売

≪アレルギー物質について≫
本品で使用している食用コオロギパウダーは、エビやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれています。エビやカニのアレルギーをお持ちの方はお控えください。


≪コオロギのバゲット≫

新感覚!噛むほどに香ばしいコオロギの風味。口の中で広がるうま味のハーモニーを体感しませんか?

≪コオロギのバゲット≫
Pascoの技術と素材へのこだわりが凝縮したバゲットに、FUTURENAUTのコオロギパウダーが融合!!噛むほどにコオロギ由来の香ばしさとうま味が広がる、未来のバゲットが誕生しました。軽く焼いて素材の風味を楽しむもよし、レバーパテやトマトソース、クラムチャウダーなどと合わせてうま味の相乗効果を楽しむもよし。あなたの食卓に未来のバゲットを加えてみませんか?

■ 1本入/540円(税込・送料別)★100本限定発売

≪アレルギー物質について≫
本品で使用している食用コオロギパウダーは、エビやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれています。エビやカニのアレルギーをお持ちの方はお控えください。


≪コオロギのフィナンシェとバゲットセット≫

『コオロギのフィナンシェ』と『コオロギのバゲット』のお得なセットもございます!

≪コオロギのフィナンシェとバゲットセット≫

■ 「コオロギのフィナンシェ」6個入
■ 「コオロギのバゲット」1本入
■ セット価格:2,484円(税込・送料別)★100セット限定発売

≪アレルギー物質について≫
本品で使用している食用コオロギパウダーは、エビやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれています。エビやカニのアレルギーをお持ちの方はお控えください。


『Korogi Café』シリーズで使用している原料のコオロギパウダーについて

食用に養殖されたヨーロッパイエコオロギ(Acheta domesticus)を粉末加工した、話題の次世代プロテインです。炒ったナッツのような香りと軽やかなうま味が特徴で、パンやお菓子にひと味違う風味を演出しつつ、簡単に栄養価を上げることが可能です。

なぜ、コオロギ??
そんな疑問を感じた方は、ぜひ、コオロギパウダーの詳細ページとFuturenautの製品ページをご覧ください。

コラボ製品発売への道のり

FUTURENAUTとPascoの出会いは2019年秋。弊社製品『コオロギのビスコッティ』をご購入いただいたことがコラボのきっかけでした。お互いに大注目中の食用コオロギ・・・この食材を普及させるためには、メーカーとベンチャーのシナジーが必要と感じ、コラボプロジェクトがスタートしました。それから1年、お互いのリソースを出し合い、構想を温め、ついにコラボ製品『Korogi Café』シリーズの発売に至りました。

栄養価が高く、環境にとても優しいミライの食材を普及させ、持続可能な社会の構築に貢献すること・・・。これが、私たちが共有する目標です。

『Korogi Café』への思い

 

2017年11月、フィンランドのメーカーがコオロギの粉末を練り込んだパンを発売。この情報をきっかけに、昆虫の食用利用について調査研究を始めました。2050年、世界人口は97億人になるとされ、食糧不足が懸念されています。栄養価が高く環境負荷も小さい次世代のたんぱく源として注目の昆虫食は、食糧不足の解決策の一つになり得るのではないか?との想いから、今回FUTURENAUTさんと一緒に未来食にチャレンジしました。これからも、バックキャスティングの発想で、様々な課題解決につながる、安全・安心で美味しい製品を提供して参ります。

 
 

食べたいものが何でも手に入る飽食の時代に、あえて昆虫を食糧にしなくてもいいでしょ?そう笑い飛ばす人も少なくありません。むしろ食べ物を余らせて捨てるフードロスが問題になっている日本では、食糧が足りなくなる未来を想像することは難しいかもしれません。しかし、世界全体に目を向ければ、人口の増加とともに食糧不足のリスクは確実に高まってきています。栄養価が高く環境にやさしい食糧の開発は、20代の私にとってまさに自分事です。私はこの時代を生きる当事者として、Pascoさんとともに持続可能な食の選択肢を広げていきます。

 
 

未来の食糧不足に対する懸念が高まっています。持続的に食糧を安定供給していくため、新たな食材として着目したのが、次世代たんぱく源の候補の一つである昆虫食です。昆虫の食糧利用に関し豊富な知見を持つFUTURENAUTさんとコラボし、栄養価が高く環境にも優しい食材として注目の食用コオロギを使用した製品を開発しました。しかし、昆虫を食べることに抵抗感を感じる方も少なくないと思います。そのため、少しでも抵抗感を減らし、初めての方でも食べていただきやすいよう、コオロギはパウダー状にして製品に使用しています。この機会にぜひお試しください。

 
 

最近、「エコ」や「エシカル」といった、環境に配慮した食行動を意識する人が増えてきました。実は、食用コオロギが注目されている最も大きな理由が、環境にやさしいたんぱく源であること。食肉生産に比べて飼育に必要なえさがとても少なく、農地も水も大幅に節約できます。持続可能な社会の実現が求められる今日において、環境にやさしい食の選択肢が増えることは大いに歓迎されることです。環境へのやさしさが食品の付加価値になる、『Korogi Café』を通じてPascoさんと一緒にそんな未来を創りたいですね。

 
 

フィンランドで販売されているパンにコオロギのパウダーを使用していると聞いてから何度も製品試作をするよう指示があり、何も考えずパウダーのサンプルを集めておりました。そうする中、2050年までに考えられる危機、昆虫食の目的などを勉強するようになり、取り組みに対して真剣に考える事が出来ました。多くのコオロギ製品を調査している中、FUTURENAUTさんに出会い、今に至ります。私たちとしてはなぜこの取り組みを進めているのかをお客様にも考えて頂けるよう、より美味しく感じる製品を心を込めて作り、お届けします。

 
 

『Korogi Café』の原料となるコオロギは、タイの農場で食用に養殖されたヨーロッパイエコオロギです。食用コオロギの養殖に関して、タイは世界の最先端。タイ全土を飛び回り、えさの管理からパウダー加工まで一貫した食品製造管理基準を満たす農場から原料を調達できるようになりました。輸入時には、厚生労働省の食品検疫のほかに、残留農薬と食品微生物の自主検査を行っています。徹底した品質管理により、みなさまに安心してご賞味いただける未来の食材をお届けします。Pascoさんとのパートナーシップがその大きな一歩になると確信しています。

 
 

昆虫食と聞いたとき初めは虫の姿そのものを想像してしまい、本音を言いますと抵抗感がありました。しかしFUTURENAUTさんのゴーフレットを食べたところ、イメージしていた虫っぽさはなく、違和感なく美味しくいただけました。パウダー状のものを製品に使用することにより見た目からくる忌避心理を減らし、虫のもつ香ばしい風味などを活かせるような製品を作ることが重要なのではないかと感じました。

 

ご購入の方法

『コオロギのフィナンシェ』と『コオロギのバゲット』は、Pascoオンラインショップよりご購入いただけます。

原料の『コオロギパウダー(商品名:CRICKET FLOUR)』は、FUTURENAUTオンラインショップよりご購入いただけます。

FUTURENAUTへのお問い合わせ

FUTURENAUTへのお問い合わせは、お気軽に下記までご連絡ください。